花粉症 お茶 口コミ

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

つらい花粉症。

 

医学は進歩して今はレーザー治療などありますが、何年か経つと再発する可能性もあるんです。

 

なにより、鼻の粘膜をレーザーで焼くというのが怖いですよね・・・。

 

また、花粉症の新しい薬が出るたびに変更してもらったり、眠くなりにくい薬を選んだり・・・。

 

仕事中も目がショボショボしたり、くしゃみを連発したり、ボーっとして集中できなかったり

 

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

 

そんな花粉症に効くお茶がTVなどで紹介されたりしています。

 

本当に効くのか半信半疑の人も多いでしょう。

 

このサイトでは、花粉症に効果のあるお茶をランキング形式でご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね。

 

えぞ式すーすー茶

 

 

えぞ式すーすー茶

 

『えぞ式 すーすー茶』の公式ページはこちら

  • 鼻炎の鼻水・鼻づまり、イビキ対策にはこれ一杯!
  • たった1杯のお茶で効果が実感できるスッキリ爽快なお茶ができました!
  • 目や口の乾き、強烈な睡魔など副作用がないのが嬉しいですね。

 

価格

定価2,838円

内容量

30包入

備考

毎月お届けの定期コースなら、2,682円(税込)です。

 

えぞ式すーすー茶の総評

 

一般的に花粉症などのアレルギーには「甜茶(てんちゃ)」が良いと言われています。

 

しかしそれ単体ではあまり効果は上がりません。

 

・アレルギー反応の元「ヒスタミン」の放出を抑える[甜茶]
・強い抗菌力で免疫バランスを整える[クマザサ]
・「天然のステロイド」と言われる[赤しそ]

 

これらを実際の身体の変化・実感するまで徹底的に実験を繰り返し、

 

絶妙な配分でブレンドし生まれたのが

 

『えぞ式すーすー茶』なのです。

 

ノンカフェインの健康茶です。

 

 

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

 

 

 

 

 

白井田七。茶

 

 

 

【白井田七。茶】の公式サイトはこちら


 

  • アレルギー性鼻炎・アトピー・花粉症でお悩みの方に「100%オーガニック緑茶」の【白井田七。茶】
  • 漢方で上薬の「田七人参」2%と有機緑茶粉末98%で構成されたお茶です。
  • カテキンが免疫バランスを整え、過剰に反応した体質をがっちりサポート。

 

 

価格

通常価格3,728円(税別)→定期コース1,980円

内容量

30包入

備考

定期コースは1回の受け取りでも解約できます。

 

白井田七。茶の総評

 

有機栽培の田七人参を使った健康サプリメント白井田七と、カテキンなどのたくさんの成分を配合している静岡県産のお茶を使用した粉末緑茶です。

 

お茶の成分が鼻のムズムズを解消してくれ、リラックスさせてくれます。

 

またお茶に含まれるサポニンに体の巡りをスムーズにする効果があり、テアニンにはリラックス効果があります。

 

緑茶の生産量・出荷量日本一の静岡県は、厚生労働省が平成24年に発表した健康寿命で、男性2位・女性1位になりました。

 

このことから、お茶の力に注目!

 

多くの症状に効果的な白井田七。茶ができました。

 

 

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

 

 

 

 

爽風茶

 

 

 

【薩摩なた豆爽風茶】の公式サイトはこちら


 

  • 喉のイガイガや鼻のグズグズに悩まされている人にオススメです。
  • 『薩摩なた豆 爽風茶』は、7種類の国産にこだわった原料をブレンドし、じっくり焙煎した健康茶
  • 主原料のとなる「なた豆」は、鹿児島県薩摩地方のなた豆を使用しています。

 

 

価格

通常価格3,672円(税込)→定期コース1,836円

内容量

30包入

備考

定期コースは4回以上の継続が条件になります。

 

爽風茶の総評

 

口臭・歯槽膿漏・花粉症・蓄膿症・アレルギー性鼻炎に効果があると口コミのある健康茶です。

 

特に鼻関係には爽風茶が効果があったという口コミも多いんです。

 

苦味・渋みが全く感じられず後味が良いのもうれしいです。

 

鼻のトラブルで鼻の奥がムズムズしたり、鼻水がズルズル出て止まらなかったり、鼻汁が喉に降りてきて喉がにがくイガイガした感覚にお悩みの方におすすめです。

 

また、血圧が気になる人にも良いと口コミされています。

 

 

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

 

 

 

花粉症に効くお茶の種類

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー。

 

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えて、症状が改善できればうれしいですよね。

 

効果があると言われているお茶をご紹介します。

 

甜茶(てんちゃ)

 

甜茶は甘い中国茶の総称で、独特の甘い風味を持つお茶です。

 

このうち、バラ科の甜茶には花粉症の改善効果があるんです。

 

バラ科の甜茶にはGODポリフェノールという成分が豊富。

 

GODポリフェノールには花粉症のアレルギー症状の原因である、ヒスタミンの生成を抑える効果があり、花粉症によるくしゃみや鼻水を軽減してくれます。

 

ノンカフェインなので、夜飲んでも大丈夫ですね。

 

なお、甜茶と呼ばれるお茶の原材料は4種類あり、花粉症に効くのはバラ科の甜茶のみですので、購入する時はご注意下さい。

 

ルイボスティー

 

南アフリカの植物、ルイボスから作ったお茶です。

 

独特の清涼感と香ばしさが特徴の、すっきりした味わいのお茶です。

 

ルイボスティーにはSODという免疫力アップ効果のある成分が含まれています。

 

花粉症のアレルギー症状への効果が期待できます。

 

美容に良いミネラルも豊富なので、女性には特におすすめですね。

 

ノンカフェインなので、妊婦さんでも安心して飲めます。

 

べにふうき茶

 

べにふうきとは茶葉の品種のこと。

 

べにふうき茶は緑茶の一種です。

 

もとは紅茶用に栽培されたものですが、緑茶に加工するとカテキンが豊富であることがわかり、花粉症に良いお茶として評判になりました。

 

飲み慣れた緑茶で、手軽に花粉症対策ができる点が人気です。

 

普段よく緑茶を飲むという人は、花粉症シーズンだけでも、べにふうき茶に切り替えてみてもいいでしょう。

 

なたまめ茶

 

「なたまめ」という豆で作ったお茶です。

 

口臭予防効果があることからハミガキ粉やサプリメントの原材料として人気です。

 

花粉症に嬉しい効果もあるんです。

 

血行をよくして鼻詰まりを軽減したり、アレルギー物質を排出するデトックス効果もあると言われています。

 

鼻炎がひどい人や、蓄膿気味の人に人気があります。

 

香ばしい豆の香りとほうじ茶のような風味で、とても飲みやすいお茶です。

 

花粉症薬とお茶の関係

 

花粉症の症状がひどいときは、クリニックで薬を処方してもらえます。

 

花粉症に効くお茶はある?オススメ口コミランキング発表!

 

どの花粉に対して反応しているのか調べることのできる時代です。

 

ちょっと怖いですが、鼻の粘膜をレーザーで焼くという治療方法もあります。

 

それでつらい症状が楽になるなら、思い切って受けてみようか・・・と考えてしまいますよね。

 

でも、怖いですし、とりあえず薬で症状を抑えているという人も多いですよね。

 

しかし、薬の長期服用はやはり肝臓に負担をかけますし、副作用も心配です。

 

何より、薬を飲むことによってボーっとしたり、集中力がなくなったりということも。

 

ですから、普段から花粉症に効くとされているお茶を飲んで、体質改善をはかりつつ、つらい時は薬で乗り切りましょう。

 

お茶も、上記にあげた単体のものを飲むよりも、複数の種類が配合されているものや、漢方成分の入ったものがオススメです。

 

ランキングをチェックしてみて下さいね。

 

花粉症の薬は飲まない方がいい?

 

花粉症の人にとって、なくてはならない花粉症の薬。

 

ですが、「花粉症の薬は飲まない方がいい」という意見も。

 

「花粉症の薬を長期間服用するのは危険」

 

「花粉症の薬は神経症やうつの副作用がある」

 

手放せない薬なだけに、そういわれると不安になりますよね。

 

一般的にひあ、花粉症の薬とは抗ヒスタミン薬が処方されます。

 

抗ヒスタミン薬を長期間飲み続けることは、よくないことなのでしょうか?

 

まず、その仕組みをご説明しましょう。

 

 

花粉症は、花粉に対する体の過剰な防御反応によるアレルギーの一種です。

 

この防御反応が起きると、ケミカルメディエーターという物質が体内に作られます。

 

そのひとつがヒスタミン。

 

細胞には、受容体というお皿のようなものがあるのですが、このお皿でヒスタミンを受け取り、受け取ったらまた違う物質が作られます。

 

受容体のお皿には、H1〜H4までの4種類があり、どのお皿がヒスタミンを受け取ったかによって、反応が変わります。

 

例えばH1にヒスタミンがくっつくとアレルギー反応が起きます。

 

これが花粉症ですね。

 

そして抗ヒスタミン薬は、このH1にヒスタミンがくっつくのをブロックすることで、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を抑えるのです。

 

抗ヒスタミン薬は、開発された時期で第一世代と第二世代とに分かれます。

 

第一世代の薬は、服用すると脳にも成分が移行するため、脳内でヒスタミンがブロックされて中枢神経系の働きが弱まり、眠気を起こすのです。

 

第二世代の抗ヒスタミン薬は、薬の成分の脳内への移行を抑え、これらの副作用を大きく軽減したものです。

 

成分が脳内に移行しにくいため、中枢神経系への作用もわずかであり、副作用の心配も少なくなっています。

 

例えばアレグラ、アレジオン、ジルテック、ザイザル、クラリチンなどがあります。

 

どちらも長い歴史と多数の臨床実績から安全性が確認されており、副作用について過度に心配することはなさそうです。

 

花粉症薬に限らず、薬剤全般に言えることですが、薬剤というものは肝臓で解毒され、腎臓で排泄されます。

 

そのため、薬剤によっては肝臓や腎臓に負担をかけてしまうことがあります。

 

実際、どんな薬剤にも肝障害の副作用が報告されているのですが、花粉症薬のような抗アレルギー剤では、その頻度は非常に少ないものですし、長期的に服用している患者さんもたくさんいらっしゃいます。

 

何を持って安全とするかは難しいところですが、アレルギー症状が続くのが体に負担なのであれば、抗ヒスタミン薬のような薬はとても有益な薬剤です。

 

ただ、花粉症薬は症状を一時的に抑える対症療法用の薬剤で、花粉症そのものを根治する薬ではありません。

 

そのため、当たり前ではありますが、必要がない時には飲まず、症状が出ている時だけ服用することが望ましいと考えています。

 

 

 

 

ホーム RSS購読